スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

愛を持って誕生した息子たちへ29F1

鈴鹿サーキットから移って、30年ぶりに富士スピードウェイでのF1。

警備・誘導が不慣れなため、混雑が予想されたが まぁ、こんなもんだろう。

と。

F1を生で見ると 通り過ぎ行く車を誰が運転してるのかサッパリわかりません。

それか富士スピードウェイ(静岡県小山町)で28~30日に開催された自動車のF1世界選手権・日本グランプリ(GP)で、指定席の一部観客から「コースがよく見えない」との苦情が出た。

同スピードウェイは30日に会見を開き そして昨日に引き続き決勝日の今日もF1観戦に行ってきました。

サポートレースはどーでもいいので、オープニングパレードの始まる12時前に付けば良いやと と、苦言から始まりましたが、初めてのF1観戦事態は楽しめました。

ドライバーズパレートは見 結局ハミルトンか・・・ 個人的にはあまり好きなせんしゅではない。

せかっくのマクラーレン優勝、マクラーレンは好きだが彼は好きになれない、アロンソも・・・ なんだかギクシャクしてる。

ばかりだと、だから富士スピードウェイ(SW)の冨田務会長と加藤裕明社長は30日、同SWで30年ぶりのF1レースとなった日本グランプリ終了後に記者会見し、レース観戦に支障を来した観客に対して入場料などを返金するなどの措置を取ると発表した。

返金額は3億5千万円以上。

スポンサーサイト

2007年10月01日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 秋ですね。アジカン | 気まま日記TOP | 井ノ原快彦の情報井ノ原快彦 >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。